http://www.thutmosev.com/archives/75095930.html
株はやらないですが、自分のお金で経営するのも
投資に近いものがあるので、この記事のタイトルのように
「暴落は買い高騰は売り、分かっていてもできない理由」
がなんとなくわかります。

事業を跳ねさせようと思うと
未来の利益のために投資しなければなりません。
投資してすぐに売上・利益が伸びればいいですが、
そういかないことも多いです。
経営の場合、この落ちてる時にどれだけ冷静にいれて
次の伸びるための施策を打てるかが勝負を分けます。
ここで心が弱いと狼狽売りじゃないですが、損を確定させて
会社を手仕舞いしてしまいます。

どこまで下がり続けるかはわからないけど、努力をして
上がるための手を打ち続けていれば、いつかは必ず上がります。

負けがこんでいるときは、自信を失いがちですが、
今負けているのはなぜか?という原因を深く考えながら
それを変えうる施策を考え、たんたんと実行していくしかないですね
 

ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします!

社長ブログ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。