トークスクリプト作り

営業力の底上げということで昨年後半から営業チーム作りをしています。

チームにして人件費も増えたので結果を出さなければなりません。

結果が出るまでになかかな時間がかかっていますが、最近、まだまだ基準に達していないものの少しましになってはきました。

要因として売れる仕組みができつつあるからかなと思っています。

・営業先のリスト作り

・アポ取り(トークスクリプト)

・アポでのセールス(トークスクリプト)

こういうリストにこう話すとアポが取れて

アポではこう話すとある一定の確率で受注できるという仕組みになりつつあります。

ホームページからリードを取るのと一緒で、

営業でも言葉がキーになります。

相手の状況を把握するためにどんな質問をするのか?

質問してニーズが明らかになったら

商品は、どう勧めるのか

という流れのトークスクリプトが、メンバー全員がある程度

売れるようになるために必須です。

できる人、できない人で受注率が変わりますが、そんなに

大きな差がでない(全く売れない人がいない)のが理想です。

この売れるスクリプト作りに、けっこう試行錯誤しました。

商品で特に大変だったのが、電子契約。

これは、お客様も商品認知がないなかで提案するので

なかなかうまくいかず、根気のいる作業でした。

まだまだアポからの受注率が10%未満ぐらいなので

改善余地多いですが。。

ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします!

社長ブログ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。