目標について

今まで、たくさんの目標を設定して頑張りましたが、たいがい達成できていません。

となるとそもそも目標を設定すること自体が、どうせ達成はできないので

悲しい行為なのかなと思ったりしたりします。

一方で、大きな目標は達成できていませんが、会社の売上は、1期目150万円で、今年の9月で締める11期目は、悪くても1億5千万円です。

当初のイメージでは、10億想定してましたが、

程遠く、全く達成できなかったものの100倍にはなっているのでそんなには、悪くはありません。

目標があいまいだったり、そもそもなさそうな人の経過を観察すると

あれ、数年経ってるけど、あまり変わってないのではという人も多かったりします。

無謀でほぼほぼ達成できなかったりしても高い目標を掲げて試行錯誤をすることは、

結果的に達成できなくても、少しでも前進できるのは間違いない気がします。

ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします!

社長ブログ ブログランキングへ

久しぶりにメガトン級に人から嫌われる
関わる人の殆どから嫌われる人と関わって
嫌われるって本当に損なことだなと痛感しました。

仕事をしている時間に仕事で関わる人から嫌われると
費やしているその時間で何か残るのかというと
スキルは得られるかもしれませんが、肝心な人からの信用が蓄積されません。

更に、そのスキルも人から教えてもらって高める部分に関しては期待できません。
嫌いな人に好き好んで教える人はいないですからね。

仕事で頑張っても結果が出ないことは多々ありますが、
せめて関わる人に嫌われないように努力しようと思います。

ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします!

社長ブログ ブログランキングへ

http://www.thutmosev.com/archives/75095930.html
株はやらないですが、自分のお金で経営するのも
投資に近いものがあるので、この記事のタイトルのように
「暴落は買い高騰は売り、分かっていてもできない理由」
がなんとなくわかります。

事業を跳ねさせようと思うと
未来の利益のために投資しなければなりません。
投資してすぐに売上・利益が伸びればいいですが、
そういかないことも多いです。
経営の場合、この落ちてる時にどれだけ冷静にいれて
次の伸びるための施策を打てるかが勝負を分けます。
ここで心が弱いと狼狽売りじゃないですが、損を確定させて
会社を手仕舞いしてしまいます。

どこまで下がり続けるかはわからないけど、努力をして
上がるための手を打ち続けていれば、いつかは必ず上がります。

負けがこんでいるときは、自信を失いがちですが、
今負けているのはなぜか?という原因を深く考えながら
それを変えうる施策を考え、たんたんと実行していくしかないですね
 

ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします!

社長ブログ ブログランキングへ