久しぶりにメガトン級に人から嫌われる
関わる人の殆どから嫌われる人と関わって
嫌われるって本当に損なことだなと痛感しました。

仕事をしている時間に仕事で関わる人から嫌われると
費やしているその時間で何か残るのかというと
スキルは得られるかもしれませんが、肝心な人からの信用が蓄積されません。

更に、そのスキルも人から教えてもらって高める部分に関しては期待できません。
嫌いな人に好き好んで教える人はいないですからね。

仕事で頑張っても結果が出ないことは多々ありますが、
せめて関わる人に嫌われないように努力しようと思います。

ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします!

社長ブログ ブログランキングへ

http://www.thutmosev.com/archives/75095930.html
株はやらないですが、自分のお金で経営するのも
投資に近いものがあるので、この記事のタイトルのように
「暴落は買い高騰は売り、分かっていてもできない理由」
がなんとなくわかります。

事業を跳ねさせようと思うと
未来の利益のために投資しなければなりません。
投資してすぐに売上・利益が伸びればいいですが、
そういかないことも多いです。
経営の場合、この落ちてる時にどれだけ冷静にいれて
次の伸びるための施策を打てるかが勝負を分けます。
ここで心が弱いと狼狽売りじゃないですが、損を確定させて
会社を手仕舞いしてしまいます。

どこまで下がり続けるかはわからないけど、努力をして
上がるための手を打ち続けていれば、いつかは必ず上がります。

負けがこんでいるときは、自信を失いがちですが、
今負けているのはなぜか?という原因を深く考えながら
それを変えうる施策を考え、たんたんと実行していくしかないですね
 

ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします!

社長ブログ ブログランキングへ

拝金主義は、かっこよくないのでは?
という学生時代からのイメージがあり、
かなり長い期間をかけて
「働く意義」
「会社を経営する意義」
的なことを考えてきました。

神楽坂のボロアパート時代に、
近所の銭湯のサウナで初めて
そのことを考えて絶望的な気持ちに
なりながらも、なぜか、そんなややこしいことは置いて置いて
稼ぐことに邁進できずにいて、10年ほど考え続けました。

が、結局自分の能力でわかったのは、自分で考えるまでもなく
一般的なことで

頑張って働いてくれている社員のために
まずわかりやすい金銭的報酬、給与を継続的に上げること
更に金銭的報酬だけでなく、働く社会的な意義も感じられて
自分の仕事に誇りを持てるること
そんな状況を、経営環境が変わる中で実現し続ける、改善していくこと
が大切だということです。

それを実現する大前提として、自分含めて会社の全員で
自分達が提供するサービスで
いかにお客様に喜んで頂くということを追求して
結果を出さないといけないです。

こう書くと単純ですが、実際に行動して結果を出すとなると
かなり大変ですが、愚直にやり続けるしか道はないですね。

ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします!

社長ブログ ブログランキングへ