運命のバーカウンターを読んで

こんばんは。
谷口です。
 
すかっとする最高にいい本に出会えました。
高橋仁さんの「運命のバーカウンター」
という本です。
 
実際にサロンを全国で148店舗、経営している
高橋さんが書いた、経営を題材にした小説です。
 
数々の修羅場をくぐり抜けて企業を大きくした
人でしか書けない濃密な内容でした。

たくさん印象的な箇所があるのですが、特に
よかったのが、経営者なら過去を無くすことに
ついて書いてある下記の箇所です。
 
 
 「経営者にアフター5もなければゴールなんてのもない。
誰でもなろうと思えば経営者にはなれる。
ただ、終われないゲームに参加する覚悟があれば、な」
 
 終われないゲーム・・・・・。
 言葉の響きだけで考えると、とんでもないことを
 僕はやっているのかもしれないという気がして、ちょっとひいた。
 けれど、すぐに思い直す。
 いや、だから面白いし、いくらでも逆転できるんじゃないか。
 
 「もうひとつ言っとくとな、
俺は経営者として社員の過去の失敗を責めたことは一度もない。
過去をいじって何かできる魔法でも持ってるのなら別だがな」
 

終わらせることはできるけど、責任もあって簡単には終われない経営という
ゲームに参加している感じがします。
 
終わりがない未来に向かって走って行くので
その過中でうじうじ過去のことを
考えていては、気持ちがもちません。
 
ここ最近、事業が軽く制度疲労を起していて、
変わるタイミングなので
果たして、自分はどこが正しくて
どこが間違っていたのかと振り返っていると
自分のダメなところばかりが浮かんで来て気持ちが沈みがちでした。
 
このままじゃ、まずいという時に、今日この本に出会って
「過去のことをうじうじ考えてもしかたない。記憶から消すぐらいの
勢いで今と未来に集中しよう。」という
気持ちになりました。
 
当たり前ですが、過去は変えられないので
あまり気にしないようにします。
 
運命のバーカウンター
おすすめなのでご興味のある方は、是非。
 

– 谷口翔太

ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします!

社長ブログ ブログランキングへ

PDCA

こんばんは、CMSproの長谷川です。
 
本日のテーマは「PDCA」です。
 
ホームページ運営をするにあたって、PDCAを繰り返すことはとても大切です。
 
PDCAとは
「Plan(計画)」
「Do(実行)」
「Check(評価)」
「Action(改善)」
それぞれの頭文字になります。
 
ホームページは、リアルのオフィス・店舗と違い、
実際に訪れているユーザーのリアルな声を聞くことが難しいです。
そのため、アクセス解析などを利用しデータとして出される数字を見ながら、
仮説検証をし、その結果を見て
より効果的なホームページになるように施策をしていく必要があります。
 
弊社でも、多くのPDCAサイクルを繰り返して、
現在のホームページの形になっています。
 
例えば、
「ホームページの作成を検討しているお客様は、
仕事が落ち着いた夜の21時~01時の間に
CMSproのホームページを見てお問い合わせ頂く方が多い。」
というリスティング広告のデータがありました。
 
そこから、
 
1.上記時間帯に広告が多く表示されたら、
  お問い合わせの件数が増えるのではないか、と仮説を立てる。(Plan)
       ↓
2.リスティング広告にかける広告費を上記時間帯だけ多めに設定する。(Do)
       ↓
3.広告費の設定を変更した後、お問い合わせの数が増える。
  しかし、営業時間外の夜にメールフォームから
  お問い合わせ頂く件数が多くなり、お客様と連絡が取れないなど、
  お問い合せ数に対してお申し込みに繋がらない割合が増える。(Check)
       ↓
4.お電話でのお問い合わせを増やすため、
  お問い合わせフォーム近くに電話番号を目立つように記載する。(Action)
 
弊社では上記のようなPDCAサイクルを、実際行いました。
Planの段階で、お問い合わせが増えるのではないか
という仮説をした所は当たっていましたが、
実際の受注率がどうなるかまでは、仮説を立てることができていませんでした。
 
しかし、それまではメールフォームでのお問い合わせも、
お電話でのお問い合わせも、受注率の差はそれほど感じていませんでしたが、
実際にこのサイクルを行うことにより、
お電話でお問い合わせ頂く方の方が、
お申込みに繋がる確率が高いということがわかりました。
そのため、現在は弊社のホームページは
電話番号が目立つように、記載をしています。
 
———————————
 
ホームページの運営には完成がなく、終わりがないため、
常にトライアンドエラーを繰り返していく必要があります。
 
常に改善をしていくという工程は大変ですが、
立てた仮説が想定通りの結果を見せた時は、とても嬉しいです。
是非皆さまも、実際に見えるデータから、
様々な可能性を探って頂けたらと思います。
 
また、明日もお届けします。
ここまで読んで頂きありがとうございます!

ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします!

社長ブログ ブログランキングへ

すぐやる。必ずやる。最後までやる。

こんばんは。
谷口です。
 
学生時代に所属していた、血気盛んなクラブでパーティーをやっていた
サークルの代表が、信条にあげていた
「すぐやる。必ずやる。最後までやる。」は
なんだかんだで自分の血肉になっている感じがします。
 
完全負け越しであちゃ~と思うことが多いですが、
諦めるのだけは自分で自分を許せません。
 
「すぐやる。必ずやる。勝つまでやる。」
 
どんなに失敗しても必ず起き上がる
自分、そしてチームでありたいと思います。
 

– 谷口翔太

ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします!

社長ブログ ブログランキングへ