お客さまと社員とチームになることが、事業を成功させる秘訣なのかもしれない
と最近考えています。

お客さまと、現状や今後の希望をお聞きしながら目標を設定し、
その方向に向かって共に歩むチームとして仕事が、できたらお互いにとてもいいのではと思います。
短期的ではなく、お客さまの目標達成のために、試行錯誤をし、成功へと向かうのは、関係のあり方として、長期的でよりお客さまの利益になります。
我々の仕事は、お客さまに、マーケティングの力でより多くの利益をもたらすことです。そのためには、まず今年の目標、来年の目標を共有頂き、その達成に向かって
同じ方向を一生懸命に進むのが、前提になります。

また、社員との関係も同じかと思います。
お客さまにこのような形で貢献していこうという進むべき姿を明確にし、
共に歩んで行くのが、会社というチームのよき形かと思います。
その中で、少しづつ業績をよくして、よりよい環境、よりよい待遇にして
いくことが、肝要です。

目標が、ないとチームとしてまとまらないので
まず、目標を設定し、それを達成する道筋をメンバーで考え
実行していくのが、いいのでしょうね。

ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします!

社長ブログ ブログランキングへ

能力が、あるのに挑戦をしない人や、能力が、高いのに自己評価が低い人
を観察していて
なんでだろう?と今まで不思議に思っていましたが、
最近なんとなく見えてきました。

自分は、成功する根拠や能力が、なくても
自分ならきっとできるという根拠のない自信が常にあり
割りと積極的に挑戦します。
例え、失敗をしたとしても、変わらず自分のことが、大好きであることに
変わりがないし、より強くなれると思うのであまり失敗をおそれません。

自分を愛する力が、強いから基本的に自己評価が高く
失敗を恐れずに挑戦できるんだと思います。

一方で能力が、あるのに挑戦しない人や
自己評価が、低い人は
自分には、力がないから、うまくいかないだろう
それに失敗したら余計に自信を失いそうだし、
みじめになりそうだ
といった思考になっているのかもしれないです。

親や、学校、
もしくは、自分の力で健全な自己愛を育むのが、基本で
プライベートな領域になるので会社は関係ないと思っていました。
しかし、多くのが人が、成人するまでにうまいこと強い自己愛が作れるのかというと
そうでもなさそうです。
社員のみんなに、より活躍してもらうためには、それぞれが、主体的に考えて
新しいこと、難しいことに挑戦をしてもらう必要が、あります。そのベースというか土台となるのが、自分を愛する力かと思います。
仕事での試行錯誤を通して成功体験を積み、より自分を愛せるようになる
サポートを積極的にするべきだと最近では、考えています。
組織を大きくすると自分だけが、そういう動きをしても足りないので
制度にも落とし込んでいかないといけないです。

ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします!

社長ブログ ブログランキングへ

GRIT

GRIT、やり抜く力が、大切なんですね。
同じことを、改善しながらあの手この手で9年半やってますが、
粘り強くやり続けることが、確実に結果につながるなと感じています。

IQではなく、やり抜く力が、パフォーマンスを左右するというのは、
多くの人に希望を与えるのでは、と思います。

凡人は、愚直にやり続けるしかないですね。

ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします!

社長ブログ ブログランキングへ